ヘアオイルをつけすぎたときの対処法について

RESRVE

ヘアオイルをつけすぎたときの対処法について

ヘアオイルをつけすぎたときの対処法について

2021/09/05

髪に潤いを与えながらおしゃれな質感を与えることができるヘアオイルは、近年特に人気の高いスタイリング剤です。
毎日使用しているという方も多いのではないでしょうか?
しかし、中には「つけすぎちゃった…」など困った失敗をしてしまう方もいますよね。
今回は、ヘアオイルをつけすぎた時の対処法についてご紹介していきます。

ヘアオイルをつけすぎた時の対処法

ヘアオイルをつけすぎてしまうと、質感もベタッとして重たい印象になってしまいます。
手軽にできる対処法や、すっきり取り除ける対処法を見ていきましょう。

洗い流す

つけすぎたヘアオイルの量が多い場合は、洗い流すのがおすすめです。
ぬるま湯で適度に洗い流すことができるので、ほどよいオイルのニュアンス感を残すことができます。
しっかりと取り除きたいときは、シャンプーを使用してみてくださいね。

タオルでふき取る

「洗い流す時間がない・軽く取り除きたい」という場合は、タオルでふき取りましょう。
水やぬるま湯を含ませたタオルを固く絞り、余分なヘアオイルをふき取ります。
洗い流す方法に比べてしっかりと取り除くことはできませんが、手軽に短時間で対処することができますよ。

ベビーパウダーをなじませる

ベビーパウダーは油分を吸い取る効果があるので、ヘアオイルをつけすぎた時の対処法におすすめです。
ヘアオイルをつけすぎた部分に少量ずつベビーパウダーをなじませれば、ベタッとした質感を解消することができます。
ベビーパウダーだけでなく、フェイスパウダーで代用することもできますよ。

まとめ

ヘアオイルをつけすぎてしまうと、せっかくのスタイリングがまとまりませんよね。
「ベタッとなっちゃった…」と困ったときは、ぜひ今回ご紹介したような対処法を実践してみてくださいね。
当店では、一人ひとりに最適なスタイルの提案をご提供しております。
髪のクセや質感・スタイリングのご相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。